20代や第二新卒者向けのキャリアアップ転職支援サイトです。

20代の転職成功術

資料を作る

履歴書の書き方

更新日:

履歴書の書き方を説明します。
20代だからといって、履歴書の書き方が変わるわけではありませんが、
いざ書く時に気になる点を中心に説明します。

履歴書を作成するにあたり、下記の点を説明します。

・履歴書作成の注意点
・履歴書は手書きにする必要があるか?
・履歴書を書く効率化はできないのか?
・どんな資格を書く必要があるのか?

履歴書作成の注意点

書くことが決まっているからと言っても、履歴書の作成はとっても手間です。
履歴書を作成する際は、下記の点に特に注意してください。

・間違えてはいけない(修正液・二重線はなるべくさける)
・印鑑がずれない or にじまないようにする。
・西暦や元号はどちらか統一にする。
 ※履歴書によっては、日付が元号ですでに印字されているのもあるため
  履歴書に合わせてください。
・記入日が抜けないようにする、また、提出日より離れすぎないようにする。
・写真はしっかりのり付けする。(写真の裏に自分の名前を書くと吉)

これらに気を付けてください。
特に、記入日は、提出日に合わせようととりあえず未記入にしておき、
記入を忘れてしまう場合に注意しましょう。

また、写真はどうしてものりが剥がれてしまうケースがあります。
そんな場合に先方にわかるように、写真の裏に名前を記入しておくと、
剥がれた場合も安心です。

履歴書は手書きにする必要がある?

個人的なところもありますが、結論から言うと
履歴書は手書きにする必要があると思います。

その理由は、手書きにしてマイナスな印象は与えないからです。
最近は随分風土も変わってきたため、手書きの履歴書を使わなくとも
良い会社が出てきているようです。
ですが、現状、手書きの履歴書で
その人の『丁寧さ』『雰囲気』などを 感じたいという人事担当がいるのも事実です。

なので、私の結論としては手書きで履歴書を書いておいたほうが
無難だと思っています。

しかし、直筆の履歴書で面倒だからと言って、『雑に』書いてはいけません。
人事担当者が見たいのは、字の丁寧さだったり、誤字脱字がないかだったりです。
雑に書くくらいなら、パソコンで作ってしまったほうが良いと思います。
手がかかりますが、がんばりましょう。

続いて、志望動機ですが、
この部分はもちろんその会社に合ったPRを入れたほうが良いでしょう。
ちゃんと、会社を調べているのかアピールするポイントです。
ウェブサイトを見て、会社概要やコーポレートスローガンから
その会社特有のものを志望動機に入れましょう。

履歴書を効率化できない?

履歴書はどうしても何枚も書く必要が出てくるものになりますので、
工夫をして効率化を目指します。

もし、手書きをするのであれば、ある程度限られますが
工夫はしましょう。

例えば、記入項目が少ない履歴書を使うのは良いと思います。

コクヨ シン-37N 履歴書用紙(手引書付き)A4転職用履歴書・職務経歴書用紙各4枚

※Amazonにつながります。

履歴書のテンプレートが指定されることは、あまり聞いたことがありません。
おそらく、履歴書を詳しく見るくらいなら職務経歴書を詳しくみると思われます。
なので、記入時間短縮のためにも、入力項目が少なめの履歴書を選びましょう。

続いて、履歴書を作成するための見本を作ります。
いまは、こんな便利なサイトがあります。

★履歴書作成支援サイト
■履歴書メーカー

ここで、一度履歴書を作成してください。
この履歴書メーカーでは、さまざまな履歴書を作成することが
出来るのと、間違い易い学歴や職歴を事前に入力しておくことで、
いちいち考えながら記述する手間を省きます。

どんな資格を書けばよい?

履歴書に書く資格は、
業種などで必要なものを書けば良いです。

特に、資格だけはたくさん持っている人は要注意です。

自分自身の話をすると、私はビジネスの専門学校生だったため
資格だけはたくさん取らされました。

ただ、どの資格も聞いたことのない資格ばかり。
そんなものはアピールにならないので削りましょう。

誰もが知っているメジャーな資格だけで良いです。
・日本商工会議所 簿記検定
・国家資格系
・普通自動車免許など

その職場や業界にマッチする資格を書きましょう。

-資料を作る

Copyright© 20代の転職成功術 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.